万能とはいえない任意整理の欠点も聞く

借金整理の比較的進めやすい手続きとして注目を集めているのが、任意整理です。裁判所を使わない手続きとなるので進めやすく、自己破産よりも問題が大きくならないために借金総額によっては任意整理による解決を行う場合が多いです。

 

ただ、任意整理は何も万能な債務整理方法ではありません。任意整理に限らずどの債務整理にも言えることですが、契約どおりに借金を返せないとなるとデメリットも当然ながら存在しています。良い点ばかりに注目して任意整理のデメリットを見逃すと自分が後悔することになるので、任意整理を進める際には欠点、デメリットもしっかりと知っておくようにしましょう。

 

基本として、任意整理という手続きは債権者との話し合いによる借金減額の手続きとなり、あくまで任意による借金整理です。債権者側が応じなければそれまでで、今まで通りの返済でないと受け付けられない、それでも払えないなら裁判にするといわれてしまえばそれまでです。

 

また、任意整理による借金の整理は一時的に長期間の返済をストップさせることになるため、信用情報機関にはネガティブな情報が記録されます。その債務を完済して5年を超えない期間は残り続けてしまうため、以後のカード作成の審査通過が非常に難しくなります。

 

借金が減るから、返しやすくなるからと手放しで任意整理を進めるのではなく、実際に手続きに入る際には任意整理のデメリットや欠点もしっかりと理解をしておくようにしましょう。