借金が返せないまま放置をしているとどうなるか

返済能力を超える借金を重ねてしまい、気が付いたときには支払えなくなっていたという状況になると非常にまずいです。返せないからと開き直って返さないままで解決はできず、はじめのうちは催促状などで軽い対応としてくる債権者も、長期間に渡って返済がされないとなると態度を変えてきます。

 

催促の連絡に応じずに返済をしないと、場合によっては督促状や訴状が届く場合があります。それらの書類はそれまでの催促状とは異なる内容となり、そのままにしていると裁判へと発展をしてしまう可能性があります。

 

裁判にも応じずに放置をしていると、債権者側の言い分が全て通ってしまいます。そうなると何が起こるかと言うと、給与の差し押さえなどの強制執行です。

 

差し押さえになると給与から強制的に一定割合のお金が持っていかれてしまうため、生活にも大きな影響が出ます。また、会社にも当然ながら差し押さえの事実が明かされることになり、借金をしているということだけでなく返済をしてない状況も分かってしまいます。

 

こうなると対応も難しくなるので、できるなら差し押さえになる前に手を打っておきたいものです。借金が払えないと判断できたなら早めに債務整理の相談や依頼を弁護士に行うなどしておけば差し押さえとなる前に解決もできるようになります。

 

弁護士のもとへも借金が返せないとどうなるのかと不安に感じる方が相談に来るものですが、不安に感じるなら早めに解決を行っておくべきなのです。