交通事故被害で困ってしまったときにも

交通事故に遭ってしまい、示談交渉に困ってしまったときでも弁護士は頼れます。交通事故案件に強い弁護士であれば示談もスムーズに進めてくれるので、被害者側が損をしない条件で示談の成立が目指せます。

 

示談はうまく進めないと特に慰謝料の金額が少なくなってしまう場合があり、保険会社の提示する内容で納得をしてしまうと本来得られたはずの金額よりも遥かに少ない慰謝料となるケースが少なくありません。保険会社が多くの慰謝料を払いたくないために起こる状況で、怪我の程度が大きければ大きいほどに慰謝料の金額は変動しやすくなります。

 

個人ではどうしても判断がしづらい慰謝料の請求額も、経験豊富な弁護士に示談の依頼を行うことで最大限に有利に進めてくれます。弁護士事務所の解決事例を見てみると当初の保険会社の提示額の数十倍やそれ以上の慰謝料の獲得となっているものもあるので、弁護士に依頼をする費用を差し引いても被害者側が得をする内容となります。

 

ただ、事故の状況や過失の割合によっては、示談もうまく進まない場合があります。正しく有利に示談を進めてもらうためには弁護士への依頼前の相談時に正しい内容を伝える必要があるので、たとえ自分に過失があるとしても正直に話すようにしましょう。

 

嘘をついたり事実を隠して示談を進めてもらおうと考えるとどうしてもうまくいかなくなるので、弁護士に依頼をして慰謝料を多く獲得する示談としたいのであれば、相談時にしっかりと話をしておくようにしてください。
PR:愛知県の交通事故慰謝料請求はこちら